クラミジア感染症と不妊

通常、不妊の原因を考えるとまず思いつくのは排卵問題やホルモンの異常です。

それは多くの場合、細菌感染が不可逆的に女性の生殖系に損傷を与える可能性は見過ごされがちです。

クラミジア症はクラミジア·トラコマティスという微生物によって引き起こされる最も有害な感染症の一つです。

クラミジアは、一般的な性感染症の一つですが、治療しなければ長期的には不妊の問題につながる可能性があります。

症状は無い事も有りますが、症状ふぁ出る場合は軽度で女性の70%が症状が出ません。

そして、一部の女性は、感染すると膣分泌物の異常や増加を訴えます。

感染は最初は子宮頸部のに発生し、その後、子宮内膜に広がり放置すれば、卵管に到達し卵管炎などの急性炎症を引き起こします。

このような状態になると腹痛、腰痛、吐き気、発熱、性交時の痛み、不正出血などが症状としで出る場合があります。

また、子宮頸部のクラミジア感染は、直腸に感染する場合も有ります。

オーラルセックスで咽頭に感染すると1~3週間程で喉にも症状が出ます。

感染の予防

性感染症は、膣や肛門性交を介して、またはオーラルセックスを介して感染します。

また、自然分娩時に赤ちゃんに母子感染もします。

性行為による感染は最も一般的な方法で、不特定多数のパートナーを持つと感染のリスクが上がります。

10代の女性は、感染の危険が最も高く、若い女性では子宮頸部の組織がまだ完全に成熟していないため、性的に活発な場合には、細菌の影響を受けやすくなります。

男性に感染させると症状は排尿痛、そ稀に睾丸の腫れ、陰茎の先端の周りにかゆみなどが症状として出ます。

クラミジアは、放置されると長期的に深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。

女性では、感染が卵管に達すると卵管に永久的な損傷を与えるだけでなく、子宮と周囲の組織につながる炎症を引き起こします。

結果、慢性骨盤痛、卵管の感染によって損傷を受け、子宮外妊娠など不妊の原因となります。

クラミジアに、感染している場合は、HIVの拡大を容易にします。

男性に合併症はまれで、精巣上体に感染が広がる場合は、不妊の原因となることがあります。

感染を防ぐために、複数の性的パートナーを持っている人、性的に活発な女性は定期的に検査をする必要があります。

妊娠している女性がクラミジア陽性の場合

この感染症は早産につながる可能性があり、また、感染した母親から生まれた子供たちはクラミジアに感染し、新生児の早期乳児肺炎や結膜炎の主な原因となります。

クラミジアの治療

感染している場合、パートナーは、感染症しているかどうか検査しなければなりません。

クラミジアは、適切な抗生物質療法で治癒します。

少なくとも抗生物質による治療が終了するまでの性行為を控えることが重要で感染の拡大を防ぐために10〜14日維持します。

クラミジアに感染しても、免疫はできないので感染したパートナーとの関係は、クラミジアによる新たな感染症にさらされる可能性があります。

完全な治癒を確実にするために、数ヵ月後に再度検査することが大切です。

クラミジアの予防

クラミジアに感染しないようにする方法は、性的接触を控え、感染していないパートナーとの関係を持つことであるとされます。

コンドームは、正しい方法装着することも予防につながります。