妊娠中の膣感染症

膣感染症の症状

主な症状は、性交時の痛み、おりものの異常、および痛みのかゆみされています。

おりものは、灰色がかった白っぽい、または黄色のおりものがでます。

感染が疑われる場合は、性感染症の検査をすることが大切です。

これらの感染は、流産または早産の危険性を高めることになります。

抗生物質による早期の細菌感染症治療は、妊娠中の流産、合併症を予防することができます。

危険な細菌を除去するために妊娠中は検査をすることが賢明です。

無症候性細菌感染症は、実際には胎児の健康に脅威を与えることがあります。

妊娠中の膣感染症

真菌症(カンジダ)は膣内にかゆみを引き起こすために症状がわかりやすく、炎症、痛みは排尿時や性交時に出ます。

分泌物は、白っぽく、無臭で真菌によって引き起こされるカンジダ·アルビカンスの症状は細菌性膣炎と同様の症状が出ます。

真菌症であるかどうかを確認し、適切なケアを進めるために医師の診察を受ける必要があります。

パートナーへの感染を避けるために、クリームの殺菌剤を処方されます。

細菌膣炎は、不透明な匂いのおりものと灰色のおりものが出る場合は、感染症のタイプは、感染するかどうか確認する必要があるので医師の診察を受け特定の抗生物質を処方された方が良いでしょう。

流産や早産を引き起こす可能性があるので、これらの感染症を治療するために絶対に必要です。

症状が膣のうずきや外陰部と膣に影響を与える炎症が出ると、足にも及び、排尿痛や、かゆみや痛みを感じます。

膣性交やオーラルセックスを介して感染した場合は、血液検査による正確な診断が必要です。

症状を軽減することができたとしても決定的な治療法はありません。

クラミジア

下腹部といつもと違う分泌物だ出て、多くの女性は、症状がありません。

特に25歳前後で、炎症や子宮外妊娠を引き起こす可能性があります。

妊娠中に抗生物質で治療しなければ、赤ちゃんは出産時に感染する可能性があり、眼感染症や肺炎を発症することもあり、早産や流産にもつながります。

淋病

あなたが適切に治療しない場合は、不妊の問題を引き起こす可能性があります。

トリコモナス症

発泡体及び灰色または緑がかった黄色のおりものが出て膣内にかゆみや痛みを引き起こします。

性感染症であるためでパートナーも治療を受けなければなりません。