妊娠中の性交

妊娠中の親密さは、大きな変更を受けることができる。

一方では何らかの形で赤ちゃんを傷つけるか、そうでなければ、妊娠の経過を、妊婦および将来のお父さんの両方から恐怖があるかもしれません。

女性はその後、いくつかはあまり望ましくないと感じたり、それ以外の場合であっても、ホルモンの問題については、欲望明白の損失を手に受けることができるようにそんなに、明白な物理的変化を受ける。

小さなを傷つける恐れが根拠がない、のははっきりさせておこう。

彼らは夫婦と赤ちゃんのバンプに利益をもたらすため、進行中の流産の脅威、またはベースの問題よりも小さく、性交は、すべて9ヶ月を通して継続すべきである。

実際には、ペアで非常に本質的なことを人体通信を維持し続け、また、子供の誕生に代表される厳しい時代に直面する前に、リラックスしたフレンドリーな雰囲気を作成しますが、それを受け取るためには、平和で愛情でしょう。

しかし、我々はYESとNOを参照してください。

妊娠中の性交は優しさで実施されるべきであり、それはあなたの胃を圧迫しないようになるポジションを採用する必要がある。

骨盤の筋肉がより多くの血液を受け取り、胎盤はまた、より多くの酸素を受け取るようにセックスがメリットをもたらします。

オーガズムによって引き起こされる収縮はまた子宮の筋肉を強化し、労働力の準備です。

関係はあなたの医者が推奨されていない場合があります。

一般的に、妊娠中のセックスは流産、早産、または頸部の過度ショートニングがあるの歴史を持っている人にはお勧めしません。

または血液の損失、羊水、進行中の感染症や前置胎盤例では、存在しない場合でもそれは納品日を早める可能性があるため、双子の妊娠例では妊娠後期にセックスをしない方がよい。

通常、シングルトン妊娠中でも妊娠の終わりに向かってセックスしない方が良い:実際に精子が早産につながる可能性の化学物質(プロスタグランジン)が含まれています。

第一四半期:吐き気、疲労、気分のスイングは、女性が性交を持つことを望む私たちに完全に通過してもよい。

一般的に、しかし、(エヘン…いつも当然の常識を使用して、潤滑剤、極端なものがありますので避けなければならないので)位置の最初の3ヶ月続いた、あなたの医者によってすべて実現可能である。

お父さんが過度に最初の3ヶ月で母親、つまりの乳房を圧迫しないように気を付けることは非常に痛いです!

彼らが優れている場合は、この期間には多くの妊婦は、彼らはさらに不安にし、興奮して感じることがあります。

そして一方では、いくつかの吐き気や疲労を決定する場合には、一方でより滑らかな肌、光沢の髪、腫れ胸を担当している。

ホルモンのおかげで..私たちを構成するすべての要因は、より美しくある。

第二四半期:第2四半期において妊婦は、疲れにくく良い感じを開始するには、より積極的な感じ、また性欲を向上させます。

数ヶ月は心理的な次のとおりです。た訪問数は、一般的に最も困難で危険である最初の数ヶ月は、心の平和は、その正の影響を与えていることもありますので合格している、すべてが順調であることを確認した。

ホルモンは、骨盤領域内の血流の増加を引き起こし、生殖器の構造は、よりふやけやボリューム腫れので、その結果もより強くなり、性交中に複数回繰り返すことができる。

しかし、同時に、筋肉の混雑は、ほとんど困難オーガズムを達成することを持っていることを確認してくださいだろう。

粘液性器より敏感になり、このような理由のために我々はより穏やかな浸透をお勧めします。

第三四半期:この四半期腹が面倒になり始める、女性は少し’自尊心を失うか、少なくとも以下を感じることができた子供の体重が感じられ始め、あなたは背中の痛みに苦しむかもしれないが、腫れて足を持っているそしてそれはあなたが減少した性欲を持っているのが普通である。

この期間では、圧力のあらゆる種類のを避けるのがベストです。

したがって、たとえば、このような側に位置するような位置に注意する必要があります。

位置は、パートナーが背を向け跨いで最も推奨されるが、通常である。

このように、浸透が深くないと有名なGスポットを刺激することができる

いずれにしても、子宮が低下し、妊娠の最後の数週間にまでこだわっているためとペニスはその後の侵入時に子宮頸部に当たっても、血液が失われます。

シンプルな胸水、贅沢に専念することが好ましい!